アスベスト除去部分隔離キット「ふうじろう」
株式会社小川テック 株式会社ミヤデラ
株式会社小川テック
株式会社ミヤデラ
ふうじろうプレゼン資料無料ダウンロード
ふうじろうJ 倉庫700m施工写真集


ふうじろうkシリーズ

特徴

ふうじろうKシリーズ(囲い込み工法)

大規模な工事を行うことなく確実に、早く、安くアスベストを封印する工法(ラッピング工法)です。石綿を使っているビルや工場において長期的に石綿飛散を防止しする機能、解体時期が来たときに石綿を除去する2つの機能をもった製品です。内蔵の除去システムは隔離体積をセーブする事で大幅なコストカットと作業員の二次ばく露を防止します。
※ふうじろうKはふうじろうJ(除去工法)とのセット販売となります。

  • 耐久性の高いシートは二重構造により石綿を確実に密閉し、軽量による省施工性と経済性を両立。
  • 本体にセットされた除去システムにより高額な除去コストを削減します。
  • 除去作業中の石綿は密閉フィルムの中にあるので、現場作業員の二次ばく露による障害を抑止します。
  • いままで石綿工事のできなかった場所にもお使いいただける汎用性に富んだ製品です。

 
ふうじろうK 板状建材 吹付け固形材
工法 囲い込み+除去 囲い込み 封じ込め
特徴 ふうじろうK 板状建材 吹付け固形材
アスベストを2重膜で覆う囲い込み工法。気密フィルムが飛散を防ぎ、化粧シートが気密フィルムを保護します。石綿除去工事の際は隔離フィルムとして使える経済性が大きな特徴です。 アスベストを建材(石膏ボードやベニヤ)で覆う囲い込む工法。板で継いでいくことから隙間ができアスベストが飛散しやすい。 アスベストに固形材を吹き付け繊維を凝結させて飛散を防止する。作業中は全体を隔離するために、工期やコストが高くなる傾向がある。
選択基準 ・石綿除去ができない環境。
・解体をするときに石綿を除去したい。
・囲い込み機能だけでは不満。
・トータルコスト(囲い込み・除去)を安くおさえたい。
・石綿除去ができない環境。
・当初のコストが安い。
・囲い込み機能のみ。
・解体時に高額なコストが発生する。
・石綿除去ができない環境。
・当初のコストが安い。
・囲い込み機能のみ。
・解体時に高額なコストが発生する。
取付コスト
除去コスト
工場を停止しない施工
施工時の石綿飛散率
作業性
密閉信頼性
施工時間
耐火や断熱機能の維持 ◎※1 △※2
※1 除去工法は石綿除去後の耐火材、保湿材の再工事が必要。
※2 固形剤などの浸透により、繊維間の結束力が高まり、石綿本来のもつ断熱性が低下する恐れが生じる。

【製品の仕様】

専用取付金具:溶融亜鉛メッキ 吊り布:オレフィン膜
カーテン布:ポリエチレン系フィルム アスベスト除去袋:ポリエチレン系フィルム
化粧用外カバー:ポリエチレン膜  

【取り付け方法】

1.デッキプレートや鉄骨材にふうじろうK取付け専用金具NVPを打ち込みます。
2.保護シートのカーテン布及びアスベスト除去袋をセットします。
3.化粧用の外カバーを取り付け完成です。


梁用

@カーテン布 A吊り布 Bシート固定金物
Cカバーシート Dシート固定金物NVP Eアングル
Fアスベスト除去用筒布 Gアスベスト回収袋

天井・壁用

@取付金具
A石綿
B内膜(密閉)
C外膜(化粧)
D投入口
E石綿
ストレート屋根にも、石綿が含まれています。屋根は雨風、太陽光により劣化・風化していくと、少なからずアスベストを含んだ粉塵が周囲へと飛散するようになります。また、このような屋根では外部を塗装しても、内部への飛散を防ぐことはできません。「ふうじろう」は、今まで困難であった内部への飛散を新ラッピング工法で解決します。

↑pagetop