アスベスト除去部分隔離キット「ふうじろう」
株式会社小川テック 株式会社ミヤデラ
株式会社小川テック
株式会社ミヤデラ
ふうじろうプレゼン資料無料ダウンロード
ふうじろうJ 倉庫700m施工写真集


ふうじろうJシリーズ

アスベスト気中濃度試験

考察:

アスベスト測定位置図 測定は作業前・作業中・作業後の3回にわけアスベストの気中濃度を測定。 測定位置図より最も気中濃度が高いと想定される位置は東(作業員の作業区域内)である。 計測時間は4時間、“ふうじろうJ”によるアスベスト除去作業において微量でも漏れが発生すれば この数値が悪化します。実際の作業現場の過酷な条件でもアスベスト浮遊ゼロを証明。 参考のために除去区域(“ふうじろうJ”隔離フィルム内部)の気中濃度は1,400本/Lを検出。


作業前の4ポイント測定 平成18年10月2日

地点名 試験結果(本/g)
0.3未満
西 0.3未満
0.3未満
0.3未満 (作業員の作業している区域内での測定)

作業中の4ポイント測定 平成18年10月3日

地点名 試験結果(本/g)
0.3未満
西 0.3未満
0.3未満
0.3未満 (作業員の作業している区域内での測定)

作業後の4ポイント測定 平成18年10月8日

地点名 試験結果(本/g)
0.3未満
西 0.3未満
0.3未満
0.3未満 (作業員の作業区域内での測定)

除去区域内(汚染区域) 平成18年10月4日

計測時間1分 1,400本/L



※測定方法は位相差顕微鏡による計数分析法、定量限界0.3F/Lよって0.3F/Lが最良値。



↑pagetop